長野県 車山高原のペンション リゾートイン・ボヌール

フルコースディナーの一例朝食の一例こだわりのソースシェフの紹介

車山高原で味わう本格派フレンチ

ボヌールの自慢はなんと言っても車山高原で味わうフレンチのフルコースディナー。
シェフが心を込めて作るオードブルからデザートは全て手作り茅野、諏訪、八ヶ岳山麓、車山高原の新鮮な素材をふんだんに使っています。 その日の仕入れに応じてメニューはその都度変わりますが、素材本来のの持つ味や風味などを生かすための 調理を毎日考え、お客様に召し上がっていただいています。

ある日のコース料理の一部です

できる限り暖かいものは暖かいうちにお出しするようにしています。 もちろん連泊のお客様はメニューが変わります。

車山高原で味わう本格派フレンチ

※メニューはその日の最良の仕入れで決まりますので、これと全く同じものになるとは限りません。ご了承下さい。

ある日の朝食です

車山高原で味わう本格派フレンチ

サラダ(2種類)、ソーセージ、ふわふわのプレーンオムレツ、ヨーグルト、 フルーツジュース、コーヒーもしくは紅茶、自家製焼きたてパン(おかわり自由)(自家製焼き立てパンは7〜9月中旬以外になります)

車山高原で味わう本格派フレンチ

こだわりのソース

フランス料理には、欠かすことの出来ない「ソース」。ボヌールのこだわりのソースについてご紹介いたします。

シェフのレシピ

仔牛の骨、すじ肉、香味野菜、ハーブ、エピス、車山高原の天狗水からじっくりとフォンドボーをとります。
アクを定期的に取り除き、ゆっくりと時間をかけ肉と野菜の旨みを出して行きます。
地味な作業ですが、これが基本です。そして味の土台になります。
再度これを漉したものに野菜を入れ、さらに煮出します。
それをサラシでこして出来上がり。
これが主に肉料理やオードブルに使ったり、コク出しにつかうフォンです。
野菜からとるフォンドレギュームや、魚と野菜からとるフュメドポワソンもあります。
実際ソースになる時は、さらに煮詰めていきエッセンスを出します。
後は召し上がって頂くだけです。Bon appetit!

車山高原で味わう本格派フレンチ


車山高原で味わう本格派フレンチ

シェフの紹介

シェフの紹介

大学卒業後、大阪のレストラン2店で修行した後、1994年からボヌールの厨房に入って現在に至っています。
信州または車山高原ならではの独特の気候、水、土壌を常に意識して、無駄な装飾を除き、出来るだけシンプルに素材の持つ味を活かした料理を日々追及しています。 主となる素材に対し、香り豊かなハーブとじっくり時間と手間をかけたフォンから出来るソースで 車山高原とその周辺の蓼科を含めたテロワールを表現する料理を一皿一皿心を込めて創っています。

ボヌールで一度召し上がっていただいたお客様が、お腹が空いた時にふと思い出していただける様な 心に残る料理を、これからも目指して行きたいと思っています。